上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
船長ジョルルンである。

突然だが、東アジアでは各地で、「タナバータ」 というフェスティバルがあると聞いた。

その物語は美しく、様々な説があるようだが、わたしジョルルンが好きな話は、

1年にたった一度だけ、あの広大なミルキーウェイに橋が架けられ、☆と★が再開するという、あの話だ。

フェスは7月7日に開催されるのが一般的らしいが、地域によっては8月7日に行うところもあるという。


1582年8月7日。

そんな東アジアの美しい伝承を思い出しながら、わたしジョルルンは、マルセイユにおいて、

多くの仲間たちが架けた橋を渡ったふたりの人物を眺めていた。




そのふたりとは、



080711 225650 080711 233442
 yoshiharu提督は、ポルトガルから。   とらちゃんは、イスパニアから。


歓迎会&亡命式は23:00スタートであったが、まずは前座として、けいご先生の講演会が始まる。
080711 225147
題目 : 「羽の国とわたし」
講師 : けいご
結果 : 失笑


前座が終了し、ついに23:00の歓迎会&亡命式へ。場所はマルセイユ食堂でした。
もちろん、yoshiharu提督には、羅刹入会&AR艦隊「歓迎会」「亡命式」しか伝えていませんでした。


しかし、食堂になだれ込むと、そこには・・・





080711 230031_1
yoshiharu提督の前商会有志のみなさんが集結しているのを発見したyoshiharu氏が固まる瞬間。



iru.jpg
ぱにくって誤字w
kakkou.jpg



080711 230113
あなたの、 送迎会 も兼ねているからですよ!


このサプライズ、実はyoshiharu提督の前商会Unicorn商会有志のみなさんからの申し出でした^-^

その後の式次第は、以下のとおり。司会はアントニオ・バラガンさん。

 1.会の趣旨説明

 2.蜃気楼先生からの歓迎のお言葉

 3.蜃気楼先生による乾杯

 4.Unicorn商会有志による餞別の贈呈
 
 5.AR艦隊からの歓迎の品の贈呈

 6.yoshiharu提督、惣流景虎両氏の挨拶

 7.羅刹副会長ナニコーレ提督からの歓迎の挨拶



Unicorn商会からの餞別品は、南蛮交易品1200個なり!

AR艦隊からは、重装船尾楼、コマンダージュストコール、AR公式帆塗料、漆塗り角弓などが贈呈されました。

この重装船尾楼を入手するために、蜃気楼提督は10時間以上を費やしましたw

Louis_XV提督は、中華艦隊を撃破し、そこで奪った南蛮品を換金し、コマンダー購入費に充ててくれました。

そのほか、デス・シャーク氏は、率先してコマンダー購入に奔走してくれました。


080711 233601
宴は深夜まで続き・・・・

a.jpg www.jpg
1582年8月7日 ついに両名は、フランス国王の前で忠誠を誓ったのであーる!


080811 001024_1
マルセ前で皆で記念撮影。

多くのひとたちが架けてくれた橋を渡り、また新しい仲間に出会うことができました。

よい8月7日のめぐりあわせに感謝です 

人´∀`)メルシー





今後、フランス私掠海賊として歩んでいくyoshiharu氏、
それは茨の道かもしれません。敗走を重ねる日もあるでしょう。
現状、我々は決して、常勝艦隊ではないのです。

でも仲間はいます。

辛いときは思い出してください、友の言葉を・・・・。






080711 231447

スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。